ブログで楽しむレンタル農園「mamafarm」

シルク・ドゥ・ソレイユがやってきた!

9月10日、大阪・中之島で公演中のコルテオのサーカス団シルク・ドゥ・ソレイユのみなさんが、なんと!! ママファームの種付けにお越しくださいました!ポテトクラブも急遽取材に同行。そのときの模様をお伝えします。

たねつけ

「One Drop Garden」をはじめ、日々社会貢献活動をするシルク・ドゥ・ソレイユ。彼らが、日本の「mamafarm」を知り、共感し、このたび交流に至りました。私達はこの貴重な体験を通じ、彼らから大切なことを気づかされました。水はもちろん、自然で生きるすべての生き物、当たり前のように口にする農作物、そして、地球をとりまくすべての環境の大切さに気づかされ日本で当たり前のように暮らしていることの幸せを改めて実感しました。私たちは、彼らとの出会いを大切にし、このような気づかされた様々なことをまず、日本国中に伝えていきたいと思います。

ジャガイモを、子どもたちにプレゼント

シルクドソレイユが種付けしたジャガイモは「つくるところ」の子ども達に届けられました。 ジャガイモの一部を日本の子ども達に食べていただくことで、「One Drop Garden」の活動内容を普及したいと。 それならと、OPUSさんから「つくるところ」をご紹介いただきました。お礼に、子ども達とポテトクラブがいっしょに作成したクリスマスカードをシルク・ドゥ・ソレイユに届けました。

One Drop Gardenとは



すばらしいパフォーマンスで皆の心を 魅了させる、全世界でも有名なエンターテイメント集団シルク・ドゥ・ソレイユは日々社会貢献活動に取り組んでおり、その一環の一つとして One Drop garden と言う活動があります。
One Drop garden とは、きれいな水が飲めないアフリカや発展途上国 などに対し水に関する活動を意味します。 一見華やかに見えるシルク・ドゥ・ソレイユの本社は、実は元々貧しい地域に あり、本社の畑でいろんな作物を栽培し、収穫の際は貧しい方々に分けて あげる活動もしています。
ママファームでは、シルクドソレイユの「One Drop Garden」の活動に賛同し、日本での活動を応援しています。

One Drop Garden公式サイト